FXデイトレード大学:外為で儲ける

DMM.com証券のFX外為 為替チャートを使って儲ける。

 DMM.com証券の為替チャートには、基本的な機能が、そろっています。20画面まで為替チャートが表示できますが、1つのチャートに、テクニカル指標が表示できるのは、トレンド系が2種類で、オシレーター系が4種類です。あまりたくさん見ても、判断が遅くなるだけでは、しょうがないと言えばしょうがないですので、ここでは、トレンド系2種類とオシレーター系1種類表示にしておきます。





 ここで、面白いのは、2分足と3分足のFX為替チャートがあるところです。この時間足があるところは、珍しいのです。そして、この時間軸は、あまり、誰も見ていないので、儲けやすいという特徴があります。収益力の高い、マイナーな時間軸であるということができます。
 下のグラフに、2分足チャートを載せて置きます。FX為替チャートのテクニカル指標としては、高値と安値の移動平均(チャネルシステム)を表示できるので重宝しますが、テクニカルの変数セットは、特にいじることはできないようです。
 
デイトレード・スキャルピング用為替チャート

    
 こうした、儲ける事の出来る時間軸は、分足為替チャートでは他には、20分があります。

 時間足では、3時間と言う変わったFX為替チャートも存在しますが、こうした時間軸での分析をされている方は、ほとんどいないと思われますので新たな時間軸でFX外為トレードシステムを構成できる可能性も見えてくるわけです。また、12時間足もあり、意外性に富んでいます。

 日足為替チャートでは、2日足、3日足、4日足もあり、週足の5日足以外のものもあって、感心します。

 下の為替チャートは、みんなが見ている30分足です。
 こちらも、移動平均線と高値と安値の移動平均、そして、ストキャスティクスと一般的なテクニカル指標です。テクニカル指標だけでは、毒にも薬にもならないので、それよりも、全体のトレンドを重視しましょう。

 ストキャスティクスが80%越えの領域は、高値圏ですが、前の高値を超えられなかったら、下落トレンドの始まりとみてよいでしょう。あるいは、ストキャスティクスが20%圏は、安値圏ですが、このときの安値が、前の安値を下回ったら、下落トレンドの始まりです。

 下の為替チャートでは、青い矢印のところです。前の安値を下回って、FX外為相場の下落トレンドが確認されました。丸印のところは、高値圏ですが大した反発もないので、売りのチャンスです。直近の高値の少し上にSTOP注文を置いておき、利益確定は50pip程度にしておけば、めでたく、50pipとれた、ということになります。

 こうした上下動を繰り返すのが、FXのマーケットの特徴といえるでしょう。

 上昇幅と下降の幅を考えながらトレードすることで、売り方が有利なのか、買い方が有利なのかがわかります。



 ただ、残念なことに、最近は、このJAVAのチャートが、リアルタイムでは、動かなくなってきているので、

FX外為の実戦には、使えません。代わりに、プレミアチャートがあるので、そちらを使うとよいでしょう。



デイトレード・スキャルピング用為替チャート




プレミアチャートの機能も、かなり豊富です。

基本的な機能はちゃんと、ありますし、非常に、見やすいチャートで好感が持てます。



儲けるためのFX外為業者選びは、ここ

1,000通貨単位でも、FX外為手数料が無料! JFX
朝一も、トレードしたい忙しいビジネスマン向け! アイネットFX

FX外為デイトレード・スキャルピング スプレッド/取引手数料で選ぶなら、DMM.com証券
FX外為取引の手軽さなら、フォレックス・ドットコム
為替チャートの見方、トレード方法について解説します。
FX外為ブログ
FX外為相場で
儲ける
ポイントとは?

FX外為メルマガ
   Copy Right fxgundam.com All Reserved. 本サイトの無断転用を禁じます。