FXデイトレード大学:外為で儲ける

FX外為スキャルピングトレードシステムの検証:スキャルピングの威力


 スキャルピングは、スカルピングとも言いますが、

これで、どのくらい儲けることができるのでしょうか?

FX外国為替のドル円の専門トレーダーがチャレンジします。



 管理人は、現役のシステムトレーダーで、裁量トレーダーでもあります。
ドル円を基本に、短期のデイトレード、超短期のデイトレードであるスキャルピング(スカルピング)、を中心に、
たまに、スイングトレードで、2〜3日持ったままにしていたりします。

 いつもは、これら3種類のドル円のトレード手法のパフォーマンスを分離することはなかったのですが、
今回は、DMM.com証券のFX口座の実力拝見と言うことで、
短期のデイトレとスキャルピング(スカルピング)にトレード手法を限定しています。

 逆に言えば、これは、管理人のFX外為のスキャルピング(スカルピング)の成績表でもあるわけです。
どういった局面で、優位性があるのか、色々と細かい手筋を身に着けていますが、
そのスキャルピング/スカルピングの実力は、どの程度のものなのか、検証してみました。

 また、その時に、実力テストされる口座は、DMM.com証券のFX口座です。



 DMM.com証券に20万円入金して、3週間と2日間で、20万円がどうなったのかと言うと、

 20万円→ 527,642円 (264%)

と、結果だけ見れば、まずまずですが、実は、途中で2回も、口座の資金を1/3にするなど、

非常につらい、3週間でした。このときの収益曲線は、下のようになります。

この間、変な値付けもなく、口座としては、DMM.com証券のFX口座は、合格です。

スプレッド/FX外為取引手数料が小さいので、売買枚数の多い人には、特におすすめです。



注記:実際には、最初入金した10万円では、レバレッジの賭けすぎで、1回破産しています。
お恥ずかしいことです。あまりに、マネーが少なくて、ついつい、それでも、10ロット単位でトレードしたことが原因です。
これを検証した当時、2010年の6月は、まだ、100倍超のレバレッジが使えたからです。
 最初デイトレで、ほったらかしたが、あまりにも悲惨なパフォーマンスだったので、後半から、スキャルピングも追加しました。これは、少ないマネーでも、有効に儲けることができますが、賭けすぎで、2回目の破たんを招いています。
 プラスになる技術だけでは勝てません。なぜなら、賭けすぎると負けるからです。

スキャルピング収益曲線  最初の左側の矢印のところで、連敗してしまい、10万円の資金が4万円弱となり、戦意喪失してしまいました。

 原因の一つは、レバレッジのかけすぎです。100倍程度のレバレッジは、連敗すると危険です。そこで、10万円追加して、トレードを再開しました。そして、30万円ほどに資金を増やした時に、100-130倍のレバレッジで連敗して、2個目の矢印まで落ち込みました。

 もう1点は、ポジションメークのタイミングのずれです。

 この2点を修正し、その後、70倍程度のレバレッジで慎重に、資産を増やしています。
 このときの3週間と2日間のつらい日々は、記録的には、以下のようになります。

勝ちトレード数 498
負けトレード数 228
勝率       68.60%
損益比PF    1.36

以上のように、勝率も低く、損益比も平凡な記録です。

2個目の矢印以降の修正後のパフォーマンスはどうでしょうか。レバレッジは、70倍程度に抑えています。

スキャルピング収益曲線 勝ちトレード数 322
負けトレード数 101
勝率       76.12%
損益比      2.11

となっており、損益比が、2.11と2を超えたので、優秀なトレード手法であるということができます。後半戦の立て直しが、非常に有効であったことを示しています。

 これは、管理人の今の技術レベルが、スキャルピングの分野では、普通〜優秀の間を行ったり来たりしていることを示していますので、まだまだ、改善の余地があることを示しています。

 損失の原因を探ることで、次のステップに行くことができるのです。




メールマガジンも発行しています。

FX外為のデイトレード・スキャルピングが得意な、現役FX外為トレーダーが本音で語ります。

【編集後記】

 こうしてみると、100倍超のレバレッジは、短期のFX外為デイトレードの場合は、

かなり危険だということがわかります。

損切ポイントが30銭でやってましたので、10ロットで、2連敗しただけで、10万円の口座が、4万円になるわけです。

ありえません。これが、レバレッジ50倍なら、半分の損失で、7万円ですので、十分回復もできるでしょう。

 ただし、FX外為のスキャルピング(スカルピング)なら、

レバレッジ100倍でも、損切ポイントが、もっと、ポジションに近く、

半分以下の損失で済みますので、スキャルピングなら大丈夫そうですが、100倍超のレバレッジは、

危険と隣り合わせだということがよくわかります。

 口座のマネーが、リスクマネーのすべてである場合は、

やはり、レバレッジは、50倍以下に抑えた方が良さそうです。

このケースの場合は、10万円の口座で、10ロット取引が、そもそも、無謀だったということになります。

 
格言:気を付けよう。プラスになる技術を持っていても、賭けすぎると負けるよ。


儲けるためのFX外為業者選びは、ここ

1,000通貨単位でも、FX外為取引手数料が無料! JFX
朝一も、トレードしたい忙しいビジネスマン向け! アイネットFX

FX外為デイトレード・スキャルピング スプレッド/FX外為取引手数料で選ぶなら、DMM.com証券
FX外為取引の手軽さなら、フォレックス・ドットコム
為替チャートの見方、トレード方法について解説します。
FX外為ブログ
FX外為相場で
儲ける
ポイントとは?

FX外為メルマガ
    Copy Right fxgundam.com All Reserved. 本サイトの無断転用を禁じます。